うつ病の研究が進むにつれて多くのことが解ってきている

どうして起こる?うつ病の謎

現代はうつ病という病気が多くなっている傾向にある時代ではないでしょうか。うつ病の原因はこころに溜まるストレスが大きくかかわっているとされてきましたが、いろいろな研究によって最近では様々な原因が挙げられています。単なるストレスという言葉で片付けてしまうのではなく、ストレスを受けやすい体質や気質を持っている場合などもあります。また脳に何らかの異常があっておこる場合もあります。うつ病になる原因は複数の要因によって発症することも解ってきているのです。

現代社会がつくった落とし穴

最近の研究ではうつ病が遺伝する病気かもしれないという報告もあります。うつ病患者の脳の形が共通していることなども解ってきています。便利な社会が生み出した弱いこころだと言う人も多くいます。苦労することもなくトントン拍子に進んでしまう人生では大きな悩みや壁を乗り越える力は育ちません。生きるために必要な精神的エネルギーが昔の人々に比べて小さく低くなってしまったことは間違いありません。裕福な時代に生まれても現代社会が作り出した落とし穴に落ちてしまう人もいるのです。

うつ病の治療方法とは

うつ病にならない人とうつ病になりやすい人の違いはどこにあるのでしょうか。ストレスから発症することが多いうつ病ですが、真面目過ぎる人や几帳面過ぎる人は融通がきかないため、仕事でも息詰まってしまうことが多いのです。うつ病の治療方法にはカウンセリングと薬物療法が主と言えますが、休養や家族の力も必要です。低下してしまっている精神エネルギーを充電するにはリフレッシュすることも重要です。薬によってアドレナリンを高めて気分を高める場合もあります。音楽療法では音楽の持つリラクゼーション効果を利用して補助的な治療を行っています。

ちょっとした悩みでも、うつ病チェックを行うことで自分を客観的に見れるので、早い段階での解決につながります。